暖かさを求めるなら羽毛よりも光電子素材

ポカポカ暖かいイメージ

暖かい掛け布団をお探しの方は、羽毛布団が暖かいと考えるかと思います。しかし、もしもあなたが、

 

暖かさを求める為に、羽毛布団を検討しているのなら、羽毛以上にあたたかい最新の素材を使った掛け布団がありますので、詳しくはこちらでチェックしてみてください。

 

遠赤外線効果のある『光電子』を贅沢に使った、冷え性の方に評判の掛け布団がこちらになります。しかも暖かいだけではなくて、湿度が適度に解放されるために、掛け布団の中に湿気がこもって寝苦しくなることもありません。

 

湿気がこもらない

 

ダウンとフェザーの違いについて

 

まずダウン(羽毛)は、水鳥の胸のあたりの羽毛になります。みためは、タンポポの白い綿のようで、ふわふわとしていますが、芯はありません。

 

一方の羽根(フェザー)は背中のまさしく羽の部分であり、しっかりとした芯があり、まさしくみなさんがイメージする羽といった感じになります。

 

ダウンは上にも書いた通り、胸のあたりに生えているのですが、水鳥にしかありません。つまりニワトリなどの陸の鳥には無いんですね。このダウンの特徴は、吸湿性や湿度の発散性に優れていて、またその重量も軽いために、羽毛布団=軽くて暖かいといった事が可能になる訳です。

 

一方の羽根の部分であるフェザーは、しっかりとした芯があるために、このフェザーが多いと布団に弾力が付きます。一般的には、布団の型崩れを防ぐために一定量を使われる事が多いです。

 

このように、

 

  • ダウン=柔らかい、軽い、高価
  • フェザー=弾力あり

 

といった違いがあるので、一口に羽毛布団といっても、ダウンとフェザーの割合をチェックする事をお勧めします。例えば、ダウンが90%以上入っていればフワフワの掛け布団になりますし、この割合が半分程度になると、ガサガサしたちょっと硬い印象のある布団になります。

 

みなさんがイメージする羽毛布団をお探しなら、ダウンが90%以上は入っているものが良いのではないでしょうか?ただし、一般的には価格も高くなりがちです。

 

トップページに戻る